banner

在職中に会社設立

在職中に会社設立するために確認すべき事

在職中に会社設立をすることは可能ですが、いくつかの注意しておかなければなりません。法的にはサラリーマンが会社設立をすることに問題はなく、実際に勤務しながら会社の取締役に就任している人もいます。
日本のサラリーマンは一つの会社だけで働くのが普通ですから、企業をしようと考える人はあまりいないようです。しかし、一つの会社でしか働いてはいけないという法律がどこかにあるわけではありません。ですから、法律の上では何も問題はありません。

大手の企業や公務員などの場合たいていは副業を禁じられています。それは、たとえば就業規則の中で定められているのが一般的です。この場合、会社設立をすることによって就業規則違反となることもあります。その結果として懲戒処分になったり、最悪の場合には懲戒解雇になることもあります。まず会社の就業規則を確認しておく必要があります。
就業規則に定められていなくても、経営者側としてはそれを好まないことがあります。なぜかというと、本業に力を入れてくれなくなる可能性があるからです。副業が忙しくて本業に身が入らなくなることが考えられることが一つです。もう一つは、企業の重要な情報を知られてしまうことがあるかも知れないということも懸念材料です。このようなこともあって、会社としては在職中に副業をすることはあまり好みません。

ただ、会社設立をすることが就業規則に定めている副業に相当するのかどうかと言うのはそれぞれの判断によって異なります。たとえば不動産経営を行っていて、税金対策のために会社設立をする場合、実際には自分でしなければならないことは少ないでしょう。このような場合には会社認めてくれることもあります。本業に差し支えがないことをアピールしましょう。

在職中に会社設立をして代表者に就任している人も多くいます。それが会社とのトラブルになるかも知れませんから、事前に相談しておくのが良いです。
もしも認めてくれなかった場合、自分が代表者に就任しなければ問題はないでしょう。たとえば配偶者を代表取締役にして株式会社を設立するという方法は良い方法だと考えられます。自分は役員に就任しなければ良いわけです。
将来的に脱サラを考えているのであれば、いずれは代表者に就任するでしょう。そのときになって代表者を変更すれば良いのですから、まずは誰かを代表者に立てておいて会社設立をするのは良い方法ですし、それには特に問題はありません。

Copyright(c) 2015 会社設立を日本で外国籍の人がしようとした場合All Rights Reserved.