banner

必要な場所の確保

会社設立に必要な場所の確保

会社設立をするときには登記をしなければなりません。登記事項として本店所在地がありますから、まず会社の場所を確保しなければなりません。ある程度の規模のある会社ならオフィスビルを借りるのは良い方法ですが、そのためにはまとまったお金が必要となります。
少しでも安くしたいという人なら自宅に本店所在地を置くこともできます。こうすることによって費用を安く抑えることができるでしょう。ただ、それができない場合もありますから注意が必要です。

会社設立の場所として定めるためには、その土地のオーナーの承認が必要となります。もしも自宅が一戸建ての持ち家であれば自分が土地のオーナーになりますから何も問題はありません。これが最も安く場所を確保する方法です。
賃貸の場合にはオーナーの許可を取らなければ会社設立の住所として使うことはできません。勝手に会社設立をするわけにはいかないのです。賃貸の一戸建てであればオーナーに相談をすると良いでしょう。事業所として用いることを許可してもらえれば問題はありません。しかし、オーナーの多くはこのようなことを嫌がりますから、たとえば家賃を少し上乗せするといった形で交渉をしてみると良いでしょう。それでも別にオフィスを借りるよりも安くなることが多いです。
マンションの場合、自分のものであっても管理組合の承認が必要となるのが一般的です。土地は共同で所有していることになりますから、管理組合で承認されなければなりません。しかし、管理規約ではたいてい禁止されています。明示的に「会社設立を禁じる」と言ったことが記載されていることは少ないです。「不特定多数の来訪のある利用方法」を禁止するといった内容になっていることが多く、この場合には会社設立ができないと考えておいた方が良いです。一度、管理組合に問い合わせてみると良いです。

会社設立をするためにはこのようにして何らかの方法で住所を確保しなければなりません。そのためにはオフィスビルを契約するのは良い方法ですが、少しでも安くしようと考えるのなら、レンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用するのは良い方法です。
バーチャルオフィスは住所を確保するためだけに用いることはできます。安ければ1万円以下のものもありますから、住所を確保するためだけに利用するのには適しています。会社設立のコストを下げるためには、このような方法も視野に入れて考えていくと良いでしょう。

Copyright(c) 2015 会社設立を日本で外国籍の人がしようとした場合All Rights Reserved.