banner

弁護士の力を借りる

会社設立の際に弁護士の力を借りるメリットとは

会社設立の手続きをサポートするという事業は、現在では特段珍しいものでもなくなってきました。
かつてから司法書士などの専門家は業務の一つとして取り扱ってきましたし、税理士などの有資格者が副業的にサポートを行うというような様子も全国各地で見られるものです。
しかしそうした中で近年特に注目されるようになってきたのが、弁護士という存在です。
弁護士というと法律の専門家であり、裁判で被告人の権利を守る人、法律問題の解決のために働きかけてくれる人というイメージが強いものですが、現代の法律事務所では広く会社設立のサポートも行われるようになりました。
ですがそうした際に気になってくるのが、会社設立手続きを弁護士に対して依頼することのメリットです。

ではまずどういったメリットがあるのかということですが、これは何よりも法律の専門家という立場から会社設立のサポートを得られるということです。
司法書士にしろ税理士にしろ、それぞれが会社設立の場において担う役割は非常に大きな物です。
司法書士であれば法律上の書類手続きに関して高い知識を有していますし、税理士の場合は税務に関して秀でた知識を有しています。

しかしこと法律ということで言えば、弁護士以上の適任者はいません。
特にこれから行う事業が契約書を必要とするような場合、これから長くにわたって契約書を作っていくことになります。
契約書を作る際には法律上の拘束力を持つかどうかが非常に重要になりますから、そのことを的確に判断できるだけの知識を持つ専門家に依頼をするということの意味は非常に大きいと言えます。
また弁護士はその業務上、他士業との関係が深いという特長もあります。
そのため会社設立の際に依頼をすると、弁護士ではサポートできない部分に関しては他の専門家を紹介してもらうことで対応できるというようになることが非常に多いのです。

会社設立を行うにあたって知らなくてはならない法律というものは非常に多いものです。
会社法などは当然知っておかなくてはなりませんし、さまざまな税法、保険法などについても確認しておく必要があるでしょう。
従業員では無く雇用者となって、法律に関連することを長期的に行っていかなくてはならなくなるのですから、事前に弁護士とのコネクションを作っておくということは非常に良いことです。
依頼料に関してはやや高額になりやすい傾向がありますが、その依頼料に応じただけのメリットはあると言えるでしょう。

Copyright(c) 2015 会社設立を日本で外国籍の人がしようとした場合All Rights Reserved.